シズオカ型 オープンデータとは

”シズオカ型オープンデータ”とは、これまでのオープンデータの取り組みにありがちな「保有データを公開する」ことを主眼とするのではなく、「保有データを利活用してもらう」ことに重点を置いた取り組みです。

そのために、全体方針の「静岡市オープンデータ基本方針」、行動指針の「シズオカ型オープンデータシステムの推進に関する指針」を策定し、個人情報等の開放できない情報を除き、データを開放することで、地域課題の解決を図り、市民生活の向上、企業活動の活性化及び社会経済の発展に寄与するオープンデータの推進に取組んでいきます。

■ 静岡市オープンデータ基本方針 (PDF)(ODT)

【平成27年4月15日 市長記者会見】
■  市長記者会見資料(“シズオカ型”オープンデータについて) (PDF 795KB)
■ 市長記者会見動画 (MP4 82MB)